今日のニュースまとめ

2(5)ちゃんねるのニュース系スレのまとめやツイッターで話題の出来事をまとめたブログです。

    長与千種

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/11/20(火) 23:05:03.04 ID:CAP_USER9
    2018年11月20日 11:28
    https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/11/20/kiji/20181120s00003000066000c.html


     女子プロレスラーの長与千種(53)が19日に札幌市で夫婦ゲンカを仲裁して暴行を受けたことについて、元女子プロレスラーでタレントのライオネス飛鳥(55)ら盟友たちが20日、TBS「ビビット」(月~金曜前8・00)にVTR出演。長与の勇気ある行動について語った。

     かつて長与と「クラッシュギャルズ」でコンビを組んだライオネス飛鳥は、仲裁に入る中で反撃を一切しなかった長与を「さすが自分のパートナーだなと思います。誇りに思います」と称えた。

     長与の先輩だったタレント・ジャガー横田(57)は「よくぞやったですね、さすが千種だね。本当に勇気ある行動で、すごく感動しました。あなたの勇気は世の中の人を力づけたと思いますので、その正義感を一生持っていてください。私も見習います」と今回の行動を絶賛した。

     かつて長与と抗争を繰り広げた「極悪同盟」のメンバーも称賛の声。ダンプ松本(58)は「やっぱ『助けて』って声を聞いたら助けに行きますよね。千種らしいですよね。許せないんでしょうね、血が騒ぐでしょうね」と笑顔。またヌンチャクを武器に暴れ回ったブル中野(50)は「私たち悪役は何をやってもOKだったけど、長与さんは正義の味方って感じでやってるんで、やらなかった(手を出さなかった)んだな。正義の味方をずっと貫いた」とコメントした。
     
    Photo By スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/11/19/jpeg/20181119s00003000257000p_view.jpg
    <長与千種 暴行被害から帰京>「婚約指輪みたい」とケガした左手を見せ気丈に笑顔で話すMarverous代表の長与千種(撮影・三島 英忠)


    20181119s00003000257000p_view
    【【女子プロレス】長与千種を盟友が続々称賛…ライオネス飛鳥「さすがパートナー」 ブル中野「正義の味方貫いた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 記憶たどり。 ★ 2018/11/20(火) 05:49:09.14 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181119-00000011-jct-soci

    「その気になればスーパーフリークで半殺しにできたよね」――けんかの仲裁に入った際に
    男から暴行を受けながら「絶対に手は出せなかった」と、警察到着まで耐えた女性に称賛の声が寄せられている。

    その女性とは、かつて人気女子プロレス・タッグチーム「クラッシュギャルズ」のメンバーとして活躍した
    長与千種さん(53)だ。長与さんは現在、プロレス団体「Marvelous(マーベラス)」の代表を務めている。

    ■「仕事柄、絶対に手は出せないので...」

    札幌市内で男女のけんかの仲裁に入った長与さんに対し、髪をつかむなどの暴行を働いた疑いで
    北海道警は2018年11月19日、飲食店経営の男(27)を現行犯逮捕した。長与さんは指を骨折している
    可能性があるが、大きなけがはなかった。各メディアが報じた。

    その後の19日午後、長与さん本人がメディアの取材に答え、その模様をテレビニュースなどが報じた。
    中でもネットニュース番組「Abema TV」は詳細に報じた。悲鳴を聞いた長与さんが駆け付け仲裁に入り、
    女性を解放した直後に男が長与さんの頭部に掴みかかってきたという。相手が暴れてきたので、長与さんは

    「普通だったらそこで腕をきめるが、その瞬間に技になってしまう。仕事柄、絶対に手は出せないので、防御だけ」

    と説明。その後、警官が到着し、男を現行犯逮捕した。

    長与さんは、ライオネス飛鳥さんと1980年代に結成した「クラッシュギャルズ」のメンバーで、女子プロレスブームをけん引した。

    こうした状況が報じられると、ツイッターには

    「カッコよすぎやろ」

    「(反撃なしだったそうで)これぞプロだよねぇ」

    と絶賛する声が相次いだ。

    中には、

    「相手27歳、長与千種さんの凄さ知らん世代やってんなぁ」

    といった反応や、

    「(長与さんが)本気出したら、犯人やばかったんじゃないの?」

    「その気になればスリーパーで落としてからのスーパーフリーク(編注:いずれもプロレス技)で半殺しにできたよね」

    と指摘する人もいた。

    長与さんについて報じるメディアの表現(ウェブ版)をみると、「元女子プロレスラー」(毎日新聞、日刊スポーツ、スポニチAnnex)、
    「女子プロレスラー」(NHK、読売新聞)、「プロレスラー」(TBS)とわかれていた。

    【【ネット】反撃控えた女子プロレスラー長与千種さんの「プロ意識」に絶賛続々 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/11/19(月) 08:52:55.93 ID:CAP_USER9

    【【速報】札幌で元女子プロレスラー長与千種さんがけんか仲裁に入り暴行される 男を逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ