今日のニュースまとめ

2(5)ちゃんねるのニュース系スレのまとめやツイッターで話題の出来事をまとめたブログです。

    格闘技

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: THE FURYφ ★ 2018/11/14(水) 21:25:13.58 ID:CAP_USER9
    「MAS FIGHT」(11月10日 中国・ヴェネチアン・カジノリゾート)

    ▼第8試合 無差別級 9分1R
    〇イー・ロン(31=中国)
    TKO
    ●チェ・ホンマン(38=韓国)

    11月10日、中国・マカオのヴェネチアン・カジノリゾートで全く新しいルールで初開催された新格闘技イベント『MASFIGHT』。
    招待されたのはアジアのVIPのみというセレブのための格闘技イベントだ。

    ルールは9分1Rのみ。スタンディングの技はパンチとキックに加えて投げ、チョーク、ヒジ打ちもOK。勝敗が決まるのはKOか
    TKOのみ(9分中にダウン3回でTKO勝ち)。ジャッジは存在せず、KOかTKOでない場合は、ドローとなる。

    その旗揚げ戦メインイベントでは、身長218cm、150kgのチェ・ホンマンと175cm、76kgの中国拳法の英雄“中国武僧”イー・ロンが
    対戦した。

    ホンマンは旧K-1で活躍し、セーム・シュルトやマイティ・モーら当時の世界の一流キックボクサーたちに勝利するなど華々しく活躍。
    2006年からは総合格闘技にも参戦している。

    対するロンは少林寺の僧侶で、少林拳や太極拳など様々な武術を身に着けて2009年7月にキックボクシングでプロデビュー。
    そのデビュー戦でも98kgの巨漢選手に勝っている。中国では圧倒的な人気を誇り、中国の大規模格闘技イベント『武林風』などで活躍。
    74戦中60勝以上という戦績を持つ。

    開始早々ロンを捕まえようと前に出るチェ・ホンマンだが、ロンを捕まえられず。ロンはローキックを放つ。ホンマンがローを受けて
    頭が下がった瞬間を見逃さず、ロンは飛びパンチを放ち、チェ・ホンマンの顔面に当てていく。開始後5分、ロンが放った後ろ蹴りが
    ホンマンの脇腹を直撃。ホンマンは試合続行できず、レフェリーが試合をストップ。ロンのTKO勝ちとなった。

    この9分1Rで勝利はKOかTKOのみという新しい試みは非常にエンターテインメントであったと海外メディアも高評価。

    MASFIGHTの主催者であるトニー・チェン氏に今後の予定を聞くと、「この様な大きな大会は年4回程度開催予定。次回は2019年4月の
    香港で、7月にはバンコクでの開催を予定している」と話した。

    また、この大会でレフェリーを行った和田良覚氏はメディアからのインタビューで、「ヒジあり、投げあり、絞め・関節技あり。
    ジャッジを置かない、しかも無差別で9分1Rという、過酷で過激な究極のスタンディングバウトでした。しかも開催地が、
    事実上世界一の歓楽街マカオシティで一番大きなカジノリゾートのヴェネチアン。超ド派手な演出と、超エキサイティングなルール。
    他に類を見ない、究極のリアルエンターティメントでした。とにかく凄いの一言です」と答えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000002-gbr-fight




    【【格闘技】少林寺の武僧が圧倒的体格差をものともせず後ろ回し蹴りでチェ・ホンマンをKO 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    1: Egg ★ 2018/11/09(金) 05:51:55.07 ID:CAP_USER9
    プロレスラーの蝶野正洋(55)が8日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)にMCとして生出演し、12月31日にさいたまスーパーアリーナで行われる格闘技イベント「RIZIN.14」の対戦カード中止騒動について見解を示した。

    【写真】「RIZIN.14」出場表明のRENA

     5日に都内で行われた会見で電撃発表されたプロボクシング元世界5階級王者フロイド・メイウェザー(41)=米国=とキックボクシング界の“神童”と呼ばれる格闘家の那須川天心(20)=TARGET=の対戦は、メイウェザーが帰国後に、自身のインスタグラムに「私は決して那須川と公式の試合に同意していない」と投稿したことで波紋を呼んでいる。

     蝶野は「ルールも決まらずに、ある程度断られてもいいみたいな売名的なやり方をしたんじゃないかな」とRIZIN側の思惑を推測。さらに「契約を交わしてから会見に臨むのが普通だけど、その後にルールがどうのこうのって。ある程度、話題を振りまくための会見だったのかなと思います」と言い放った。最後に「ビッグマッチで期待していたんですけどね」と残念がった。

    11/8(木) 22:28配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000212-sph-ent



    20181108-00000212-sph-000-3-view
    【【格闘技】<蝶野正洋>RIZINビッグマッチの中止騒動に見解!「売名的なやり方をしたんじゃないか」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    1: Egg ★ 2018/11/08(木) 11:56:31.23 ID:CAP_USER9
    ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が7日(日本時間8日)、インスタグラム。総合格闘技イベント「RIZIN.14」(12月31日・さいたまスーパーアリーナ)に参戦し、デビューから32連勝中の“神童”那須川天心と対戦することを発表していたが、急転、試合を行わない方針を明かした。海外メディアもドタバタ劇を続々と報道している。

    メイウェザーは自身のSNSで那須川戦の中止を発表。1434文字にも及ぶ熱弁で、舞台裏をつづっていた。これを受けて、「待ち伏せだったと主張する”盲目”なメイウェザーがテンシン・ナスカワとのファイトから降りる」と報じているのは、英紙「ガーディアン」だ。

    「東京での記者会見で日本のキックボクシングスターのテンシン・ナスカワとの大晦日でのファイトが発表されてから3日も経たないうちに、フロイド・メイウェザーはこのファイトを中止した。イベントの性質と規模の大きさに関してプロモーターが『盲目的』だったと語った」

     記事ではこうつづり、メイウェザーの投稿内容に説明を加えている。

    米放送局「大晦日の日本行きのチケットを予約しないで」

     英紙「デイリー・メール」も「恥ずかしい展開にメイウェザーは“盲目”だった」と速報。「フロイド・メイウェザーは180度の転換に恥ずかしさを感じながら、テンシン・ナスカワと戦わないと発表。既に引退しているアメリカボクシング界のレジェンドは、公式発表があった内容に盲目だったと語り、大晦日に行われる予定だった試合に関する誤った情報に対してファンに謝罪した」と伝えている。

     米放送局「ESPN」も「フロイド・メイウェザーは、彼は公式の試合ではなく、小さなエキシビションの試合に同意したと語る」と見出しをつけて速報。「もしメイウェザーのファンなら、大晦日の日本行きのチケットを予約しないでください」と呼びかけている。

     欧米のメディアも注目する異常事態。メイウェザーが大晦日の日本のリングに上がる可能性は完全に消滅したのだろうか。RIZINサイドの説明が待たれる。

    11/8(木) 10:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00042884-theanswer-fight

    【<衝撃>メイウェザー「RIZIN」参戦中止に欧米メディア 「恥ずかしい展開」「盲目的」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/08(木) 06:35:02.83 ID:CAP_USER9
    【AFP=時事】ボクシングの元世界王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr.、米国)は7日、大みそかに予定されていた日本のキックボクサーの那須川天心(Tenshin Nasukawa)との対戦をキャンセルすると発表した。


    メイウェザーはインスタグラム(Instagram)への長文投稿で、埼玉で予定されていた那須川との試合について、主催者側から「不意打ちを食わされた」と主張。
    「私、フロイド・メイウェザーは、那須川天心との公式対戦には一度も同意していないことをはっきりさせておきたい」と書いている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000002-jij_afp-spo
    11/8(木) 6:33配信

    【【格闘技】メイウェザー、那須川との大みそか戦をキャンセル 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    1: Egg ★ 2018/11/06(火) 22:08:38.29 ID:CAP_USER9
    元UFC2階級王者のコナー・マクレガー(30)=アイルランド=が6日、インスタグラムを更新し、“因縁”のボクシング元世界5階級王者フロイド・メイウェザー(41)=米国=を挑発した。

    マクレガーは、5日に東京で開催されたメイウェザーとキックボクサー・那須川天心(20)=TARGET=との対戦発表会見で両者が並んでファイティングポーズをとる写真をインスタグラムに掲載。
    そして世界中に驚きを与えたメイウェザーの「RIZIN.14」(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)参戦について早速罵り始めた。
    「フロイド、トラックスーツかサウナスーツでも着ているのか。東京は暑くなるのか?それともここから何か物語が生まれるのか?」とメイウェザーのファッションも絡めて、物議を醸しているマッチメークに触れた。

    さらには「一体何が起こってるんだ?隣の小さな奴は誰だ?狂っている。『ラッシュアワー5』か何かか。クリス・タッカーとジャッキー・チェンかよ」などと過激に挑発した。

    UFC史上初の2階級同時制覇王者となったマクレガーは、引退していたメイウェザーを挑発して対戦を迫り、実現に結びつけた。
    ボクシングの実戦経験はなかったが、ライセンスを取得し、1試合限りの復帰戦と宣言したメイウェザーと、ボクシングの公式戦として昨年8月26日に米国ラスベガスのT-モバイルアリーナで対戦。
    技術差は歴然で10回TKOで完敗した。それでも試合後には、再戦すれば勝てるなどと言い張り、リマッチの可能性も含めて両者の因縁は続いている。

    メイウェザーは昨年、マクレガーとの1試合しか戦っていないが、その試合ではファイトマネーの最低保証が1億ドル(約110億円)あり、これに有料テレビのボーナスも加えて、
    今年の米フォーブス誌のアスリート長者番付では2億8500万ドル(約313億円)で3年ぶりに首位に返り咲いた。マクレガーも9900万ドル(約109億円)で4位に入った。

    11/6(火) 18:29配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000081-dal-fight

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181106-00000081-dal-000-view.jpg

    20181106-00000081-dal-000-view
    【【格闘技】<元UFC王者マクレガー>那須川戦発表のメイウェザーを挑発「狂っている」 】の続きを読む

    このページのトップヘ