今日のニュースまとめ

2(5)ちゃんねるのニュース系スレのまとめやツイッターで話題の出来事をまとめたブログです。

    スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    3人組になって行う「トライアングルダンス」なる遊びが流行しているようです。挑戦してみたみなさんの動画をご覧ください。 【流行の兆し!?「トライアングルダンス」やってみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1: pathos ★ 2019/03/12(火) 02:40:28.97 ID:Up9ofh/y9
    モウリーニョが本命視されていたが…。

     レアル・マドリーが3月11日(現地時間)、サンティアゴ・ソラーリ監督の解任とジネディーヌ・ジダン監督の就任を発表した。契約期間は2022年6月30日まで。

     2016年1月から2年半に渡ってマドリーの監督を務め、昨シーズン終了後の5月31日に退任したジダンは、わずか9か月での復帰となる。



     今シーズンのマドリーは開幕から調子が上がらず、10月末にジュレン・ロペテギ監督の解任に踏み切った。Bチームを率いていたソラーリに後を託し、一時は持ち直したかに思われたが、ここにきて失速。4連覇が懸かったチャンピオンズ・リーグではラウンド・オブ16でアヤックスに不覚をとり、コパ・デル・レイでも宿敵バルセロナに準決勝で敗れた。

     ラ・リーガでもそのバルサに12ポイント差をつけられており、タイトル獲得は絶望的な状況だ。
     
     求心力を失ったソラーリの下では、主将のセルヒオ・ラモスがフロレンティーノ・ペレス会長と口論、イスコがチームへの帯同を拒否するなどピッチ外でもゴタゴタが続き、後任探しが急ピッチで進行。10年夏から3シーズンに渡りマドリーを率いたジョゼ・モウリーニョが最有力候補と見られていた。

     だが、ペレス会長がこの窮地に再建を託したのは、前人未踏のCL3連覇に導き、選手やファンからの信頼も厚いカリスマ指揮官だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00055371-sdigestw-socc

    【【サッカー】ジダンがR・マドリーに正式復帰、契約期間は2022年6月30日まで 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1: 久太郎 ★ 2019/03/11(月) 03:00:43.01 ID:BAHnwECa9
    途中出場の香川真司が決勝弾!ベシクタシュがシーソーゲームを制す/シュペルリグ第25節

    現地時間10日、トルコ・シュペルリグ第25節が行われ、香川真司の所属するベシクタシュはホームにコンヤスポルを迎えた。

    前節、フェネルバフチェとのダービーでアシストを記録しながらも、守備面での物足りなさを指揮官より指摘された香川はベンチスタート。エースのブラク・ユルマズ、リカルド・クアレスマらが先発した。

    立ち上がりから地力で上回るベシクタシュがペースを握り、14分には中盤でボールを奪うと、ユルマズからのスルーパスに抜け出したアデム・リャイッチがGKを嘲笑うかのようなチップキックで華麗に先制点を奪う。

    あっさりリードを奪ったベシクタシュだが、3-0から追いつかれた前節のように、失点が多いのもベシクタシュの特徴の一つ。19分、ユルマズが中盤でボールを奪われ、デニ・ミロセヴィッチのスルーパスに抜け出したオメル・アリ・シャヒネルがシュート。コースは甘かったがGKロリス・カリウスは防ぎきれず、コンヤスポルが同点に追いつく。

    33分、ゴール正面、約20メートルからのFK。ユルマズのキックは壁の上ギリギリを抜けてゴール右へと決まり、ベシクタシュが勝ち越しに成功する。

    2-1のまま迎えた後半、58分にベシクタシュがリードを広げる絶好機を得る。高い位置でインターセプトしたアドリアーノがそのままゴール前へ突進。ユルマズが中で待っている状況の中、シュートを選択するが、これはGKにセーブされてしまう。

    迎えた75分、リャイッチに代わって香川がピッチに登場する。試合を決める3点目が欲しいベシクタシュだが、香川の交代直後、ロングパスに抜け出したモリケ・フォファナが鮮やかなループシュートを沈め、再び試合を振り出しに戻した。



    勝ち越したいベシクタシュはここから猛攻を仕掛けるが、77分にエリア内に侵入した香川のシュートはブロックしたDFに当たってコースが変わり、GKがかろうじてCKへと逃れる。82分には、左サイドを抜けた香川がファーサイドでフリーとなっていたクアレスマへとクロスを送るが、決定的なボレーは枠に飛ばない。

    香川はその後も頻繁にゴール前に顔を出し、フィニッシュに絡む仕事をしようとするが、コンヤスポルも人数をかけて守る。このままドローかと思われた終了間際、高い位置でボールを奪うと、エリア内左にドリブルで侵入した香川が左足でシュート。これが逆サイドネットへと決まり、香川が劇的な勝ち越しゴールを奪う。結果、これが決勝ゴールとなり、香川のゴールでベシクタシュが勝ち点3を手にした。

    ■試合結果
    ベシクタシュ 3-2 コンヤスポル

    ■得点者
    ベシクタシュ:リャイッチ(14分)、ユルマズ(33分)、香川(90+3分)
    コンヤスポル:シャヒネル(19分)、フォファナ(75分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010005-goal-socc

    【【サッカー】香川真司、途中出場で決勝弾!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1: 久太郎 ★ 2019/03/09(土) 22:53:52.46 ID:AqT+aRAv9
    乾が2試合連続ゴールでメンディソローサのファンを魅了

    ラ・リーガ・サンタンデール第27節アラべス対エイバルの一戦が現地時間9日(土)13:00(日本時間21:00)からエスタディオ・デ・メンディソローサで開催され、1-1で引き分けた。

    元日本代表MFの乾貴士が2試合連続ゴールを決め、メンディソローサのファンを魅了した。

    前節のビジャレアル戦で今季初ゴールとなる決勝点を記録した乾は、この試合でも右サイドハーフで先発起用され、フル出場を果たした。また、この試合は乾にとって昨シーズンまで所属したエイバルとの古巣対戦となった。

    注目の乾の最初の見せ場は26分、ペナルティボックス内でパスを受け、得意な角度からシュートを放ったが相手DFにブロックされた。

    38分には、乾同様古巣対戦のアラべスFWボルハ・バストンがボックス内で強烈なシュートを放つがGKがセーブした。

    前半をスコアレスで折り返した両チームは、乾が49分に見せ場を作る。コーナーキックのサインプレーでボールを受けた乾は、右足を振り抜くがボールはわずかに枠を外れた。



    そして乾がホームスタジアムのファンの前で輝きを放つ。58分、相手CKからのロングカウンターからジョニーのスルーパスを受けた乾が、巧みなキックフェイントでキーパーを欺き先制点をもたらした。(1-0)乾の2試合連続ゴールはメンディソローサでの初ゴールとなった。

    失点を喫したエイバルは、バルセロナからローン移籍中のマルク・ククレジャを投入し攻勢を強める。リーガ4位のボール保持率を誇るエイバルは、71分にオレジャーナの折り返し途中出場のマルク・カルドナが決めて同点に追いついた。(1-1)
    エイバル監督のホセ・ルイス・メンディリバルの采配が的中した。

    試合はこのまま1-1で終了し、今季ホームのメンディソローサでは6勝5分1敗と無類の強さを見せるアラべスだがCLの出場権獲得に向け足踏みとなった。

    (文:SPORT)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00010016-sportes-socc

    【【サッカー】乾貴士が2試合連続ゴールでメンディソローサのファンを魅了!アラベスとエイバルは1-1ドロー 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    1: 久太郎 ★ 2019/03/10(日) 00:32:54.26 ID:k7FHbrjW9
    「さすがサムライ!」「素晴らしいゴール」西村拓真、待望の公式戦初ゴールでCSKAモスクワの完勝に貢献!!

    現地時間3月8日にロシア・リーグ第19節が行なわれ、CSKAモスクワはルピンカザンをホームに迎えた。試合は3-0で勝利。先制点は、昨夏J1ベガルタ仙台から加入した西村拓真が決めた。西村にとっては、ロシアでの公式戦初ゴールとなる。

     長いウインターブレークから開けた前節、CSKAモスクワはアルセナル・トゥラに0-2で完敗。攻撃陣が度重なる決定機を逃し、1点も奪うことができなかった。

     攻撃陣の不振が嘆かれるなか、指揮官のヴィクトル・ゴンチャレンコは翌週のホームでの一戦に、西村を3トップ左に起用。これがピタリとハマった。

     西村はリーグ中断期間中のスペイン合宿で行なわれたテストマッチで、ゴールやアシストを記録するなど、好調を維持していた。この試合ではDFの裏を狙う動き出しと豊富な運動量で前線を活性化。試合開始早々から積極的な攻め上がりを見せ、得点の気配を漂わせた。

     16分、右ウイングバック・マリオ・フェルナンデスからのスルーパスを中央で受けた西村は、DFを引きはがしフリーでシュート。しかしこれはゴール右に切れる。3分後の19分にはFWヒョードル・チャロフのシュートをGKが弾いたボールを右で蹴り込むが、これはゴール左に外れてしまった。

     三度目の正直は24分、左サイド・ゲオルギ・シェンニコフのクロスをフェルナンデスが頭で折り返したボールを、中央のチャロフがスルー。空いたスペースに転がったボールを、走り込んだ西村が冷静に蹴り込み、ゴールネット右隅に突き刺した。

     ロシアに渡ってから、公式戦では初となるゴールを決めた西村は喜びを爆発。仲間からの手荒な祝福を受けた後はベンチのスタッフとハイタッチ。スタジアムには大勢のサポーターの叫ぶ「タクマ!」「ニシムラ!」の声が響き渡った。

     西村のゴールで完全に勢いづいたCSKAは、その後も攻め手を緩めないものの、決定機をものにすることができず、1点リードで折り返した。

     後半もホームチームの攻勢が続く。西村はゴール前で惜しいシュートを放つシーンもあったが、追加点を奪うことはできずに、66分でベンチにさがった。

     CSKAは83分にチャロフ、後半アディショナルタイムにヤカ・ビョルが追加点を決めて3-0とし、ウインターブレイク明け初の勝利をホームで記録した。

     試合後、日本人選手の初ゴールを報告する公式SNSアカウントには、完勝を喜ぶ現地サポーターから「さすがサムライ!賢い!」「タクマ!素晴らしい!」といった称賛の声が多数寄せられた。

     ロシアに渡って半年余り、ようやく待望の初ゴールを記録した西村。CSKAモスクワでの定位置確保へ、大きな一歩を踏み出したと言えるだろう。

    https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=55269

    【【サッカー】西村拓真、待望の公式戦初ゴールでCSKAモスクワの完勝に貢献!! 】の続きを読む

    このページのトップヘ